0からわかるクリニック経営

こんなお悩みありませんか?
  • 開業前に予想していたほど患者さんが来てくれない
  • 地域におけるクリニックの認知度を上げたい
  • コロナ禍でこれまでより患者数が減っている
  • スタッフには辞めずに楽しく働いてもらいたい
  • スタッフ教育の方法が分からない
  • スタッフに仕事を任せても思うような結果が出てこない
  • 自分の右腕となるようなスタッフが欲しい
  • 診療オペレーションの流れが悪く、診療効率が悪いうえに同じミスが出る
  • プライベートも充実させたい
  • 一日終わった時に「今日は楽しかった」と感じたい

なぜM.A.Fのオンライン動画学習で成果が出るのか

オンライン動画の成果

「0からわかるクリニック経営」では、M.A.Fのセミナーで実際に学んでいるコンテンツの基礎の基礎を学ぶことができます。
例えば、どのクリニックでも行っているWEB広告について、他のセミナーで行われているような専門用語や運用方法を学ぶ のではなく、集患におけるWEB広告の意味や概念を先に学びます。
このことで記載する内容も明確になり、WEBページがイメージしやすくなります。つまり、WEB制作会社との打ち合わせもスムースになり成果に直結するのです。
WEBに自信がないからとか、ホームページは体裁だけ整えればとか、初期投資を0円にしてドメインをレンタルしようなどという 選択は絶対にしてほしくありません。 1ヶ月 5万円のレンタル料で5年契約をし、結果300万円を費やしたにもかかわらず、広告としての成果をあげられなかった 梅岡自身の経験からお伝えしているのです。
また、M.A.Fに興味はあるけれどレベルの高い話し合いについていけないかも……と、ためらいを感じていらっしゃる先生には、 オンラインで基礎の基礎を学んで実践していただくことで、M.A.Fのセミナーに参加しやすくなるのではと思っています。

セミナー内容

セミナーの具体的な内容

集患

① WEBマーケティング
② クチコミ
③ 来院前・来院中・来院後

仕組化

④ 理念教育
⑤ マニュアル作成
⑥ 繁忙期と閑散期の役割

スタッフ教育

⑦ マルチタスク
⑧ やり方教育/あり方教育
⑨ 理念浸透

権限委譲

⑩ 委譲の決め方
⑪ 役割の集中および明確化
⑫ 上位3つの優先事項

ブランディング

⑬ USP
⑭ ポジショニング
⑮ 出版/セミナー

ES向上

⑯ 福利厚生
⑰ 内的動機付け
⑱ 職場外の交流やイベント

リーダー育成

⑲ キャリアパス
⑳ リーダーシップ
㉑ 右腕育成

時間管理

㉒ 比較優位論
㉓ 優先事項と後先事項
㉔ スケジュールの決め方
(大きな石)

サンプル動画
サンプル動画
※vimeoへ移動します。
価格(税別)
月額 2万円(税別)× 12ヶ月 =
合計 24万円(税別)

年間申込みです。最初のお支払い時にクレジットカードのご登録をいただき、その後は毎月の自動引き落としとなります。
お支払いは、クレジットカードVISA、MasterCard、AMEXになります。
配信方法は、毎月1日と15日に、コンテンツを視聴できる専用URLをメールにてお送りします。

お申し込み
タブレットスマホ

新型コロナウイルス感染症が心配な今でも、
どこにいても自分の都合に合った時間で学べる

必要とする学びを得たいと思われても、新型コロナウイルス感染症が気になり、県外に出ることや人が集まる会場へ出向くことがためらわれる現在だと思います。
院長がもし感染してしまったらクリニックは休診しなければならないでしょうし、再開後も患者さんが来てくれるのか…。そんなリスクを考えると、セミナーへ参加することは二の足を踏んでしまう先生もいらっしゃると思います。
そんな中、ご自宅やクリニックに居ながら、M.A.Fで実際に行っているクリニック経営についての基礎の基礎を学べるのが、このオンライン学習動画です。

プレイ
0からわかるクリニック経営講座は、
vimeoeで、1ヶ月に 2つ のコンテンツを配信。
1回30分のコンテンツを、1ヶ月に2回、1年で24回、学んでいただけます。
実際に集まるセミナーでは、急な用事で参加できないことや復習がしづらいこともありますが、この学習動画なら大丈夫。自分の都合に合わせて、どこでもいつでも学んでいただけるのです。

さらに!

1年間は何度でも繰り返し視聴することができるので、実践するまでの準備をしっかりできるともに、実践後の振り返りや、 PDCA【Plan(計画) →Do(実行)→Check(評価) →Action(改善)】のサイクルを回すことに活かすことも可能です。

プロフィール

講師のプロフィール

梅岡理事長

梅岡 比俊 Hitoshi Umeoka
医療法人 梅華会グループ 理事長
開業医コミュニティM.A.F 主宰
1999年 奈良県立医科大学卒業
勤務医を経て、
2008年 梅岡耳鼻咽喉科クリニック開業
2011年 医療法人梅華会設立
現在 耳鼻咽喉科4院・小児科2院を阪神間に、消化器内科1院を東京都内にて運営。
年間来院患者数14万人以上。
2016年 開業医コミュニティM.A.Fを設立
2017年 全国で活動を開始
現在 約70院が参加。
また卓越したクリニック運営を日本全国に広めるため、講師活動や作家活動を積極的に行い、これまでにクリニック経営セミナー40回以上登壇、経営雑誌掲載回数30回以上、5冊の著書を刊行し、出版記念講演会では500名以上の集客。
海外のトライアスロンやアイアンマンレースに参加し、年間50日以上は海外渡航。プライベートや自分の時間を確保しながら、医師として、クリニック経営者として、作家として、開業医コミュニティ主宰としての日々を送る

▶ M.A.F主宰プロフィール・メッセージを見る

病院

クリニック経営の現状

ある調査によれば、わが国では全国約10万あるクリニックある中で、約7300が新規開業し、約6400が廃業。毎年900以上のクリニックが増えているとの報告があります。
一方で、日本の人口は2009~2012年を境に減少に転じ、この傾向は今後もさらに加速するでしょう。このことから、そう遠くない将来、従来のように開業さえすれば患者さんがやって来て、順調に診療報酬を得られる時代ではなくなることが予想されます。
また、少子高齢化が進むなか国の社会保障費は膨らみ、2年に一度の診療報酬改定では毎回報酬額が厳しく削られています。また、レセプトの査定も厳しくなっています。社会情勢がそうであるなら、それを前提とした開業プランを考える必要があるのではないでしょうか。
また、2020年2月から日本でも拡大している新型コロナウイルス感染症の拡大により、全国の多くのクリニックで患者数が激減し、経営が苦しくなったクリニックも多いと聞きます。開業したばかりのクリニックやこれから開業するならば尚更でしょう。
2020年、一足飛びに開業すれば患者さんがやってくる時代が終わったのです。
ニュースが伝えているように患者数減少による廃業を余儀なくされたクリニックが少なくありません。しかし、反対にこのコロナ禍においても患者数を増やしているクリニックもあるのです。その違いは何なのでしょう?

ひらめき

label_important実際に成果が出ているコンテンツだから
ご自身のクリニックで活かせる

コンサルタントや税理士が話す「経営理論」ではなく、現役のドクターである梅岡本人がたくさんの失敗という経験を経て、改善を重ねて成果を出している内容であり、M.A.Fで学んだ開業医の方々からも実践して成果が出たと言っていただいているコンテンツを選りすぐって配信します。成功者に倣うことが一番の近道です。
M.A.Fのコンテンツは、クリニック経営という普遍的でどんな診療科のクリニックにも共通する内容ばかりなので安心して受講していただけます。

label_important集患やスタッフマネジメント、時間管理など
誰もがぶつかる課題すべてに対応

「0からわかるクリニック経営」では、開業医の誰もがぶつかる3つの課題のステージを解決に導く内容が網羅されています。集患で悩んでいたら次はスタッフマネジメントの悩み、次は自身の時間管理の悩みが必ず出てきます。
知っていると知らないでは大きな違い、次のステージで起こる課題をあらかじめ知っておくことで、事前準備ができ短期間でスムースに解決することが可能になるのです。また、一度にすべての課題を解決することはできません。
一度聞くだけでなく何度でも学べるのがオンライン学習のメリットです。
すべての内容の基礎の基礎を知り、すぐに今の課題克服に活かしていただけると確信しています。

開業後に誰にも訪れる
3つのステージとは…

開業医は孤独です。
勤務医時代は医局に属し、知識や情報、そして感情をも共有できる仲間がいましたが、いざ開業すると地域のクリニックは「競合」と呼ばれる相手となり、仲間ではありません。また、開業を志したその日から、医学生時代、勤務医時代を通して学んだことがなかった経営に関する様々なことを一人で決断し、一人で行動しなければなりません。
開業して組織のトップに立つと誰にも訪れる課題のステージが3つあります。

1つ目は集患

1集患

1つ目は集患。患者さんを集めることに悩みを感じるステージです。志も新たにクリニックをオープンしたものの来院患者数は1日に一桁、こんなはずじゃなかったと凹む日々を経験します。
勤務医時代は、病院が患者さんを集めてくれたので、自分は目の前の患者さんに診療技術を提供してさえいればよかったのです。しかし、開業したら自分で患者さんを集める方法を考えなければなりません。内覧会はどう開くのか、どんな広告媒体がよいのか、ホームページはどう作ればいいのか…、最初に立ちはだかる課題です。

 2つ目はスタッフマネジメント

2スタッフマネジメント

2つ目はスタッフマネジメント。
特に男性医師にとって女性スタッフとの信頼関係を築くことに悩むステージです。スタッフ教育やマネジメントについて勤務医時代は気に留めてもいませんでした。
しかし、患者さんが定着してきてヤレヤレと思ったころ、スタッフが急に辞めたり、能力ある一人のスタッフに仕事が集中してしまったり、自分の目指すクリニックにするために、スタッフとどう信頼関係を築き、スタッフをどう育てたらいいのか、悩む時期がやってきます。

3つ目は自身の時間管理

3自身の時間管理

3つ目は自身の時間管理。
開業後は自分の趣味や家族と過ごす時間を持てるのではないかと思っていたのに、夜7時から8時までかかる診療と診療後にしなければならない運営に関する仕事に追われる毎日に悩むステージです。
自身の役割を明確にしてスタッフに一部を任せ、自分しかできない仕事に時間を割くことが成果につながります。
しかし、多くの開業医が、すべてを一人で抱えて疲れ、悩んでいるのが実際です。

label_important開業医は心を割って相談できる相手がいない
という現実

この3つの課題のステージは多くの開業医に共通します。
「自分は大丈夫」と思っていても必ずどこかで同じ課題を抱えるはずです。それなのに誰に相談したらよいのか、開業医の孤独感を強く感じることでしょう。
日本で最大級の開業医コミュニティ(M.A.F)には、全国から約70名の開業医が集まり、クリニックを経営するうえでのそれぞれの悩みや課題、公的な助成金等の様々な情報を共有し、一緒に学び、一緒に考えていますが、集患のこと、スタッフのこと、時間管理のことは、必ずというくらい話題に上り、このことからも誰もが経験していることということが分かるでしょう。
その誰もが抱える問題に直面した時、心を割って相談できる相手がいるのといないのでは、その後のクリニック経営、そしてあなたの人生に大きく違いが出てきます。M.A.Fに参加しているドクターからも「ずっと悩んでいたけれど、話をしたら自分だけでないということが分かって、気持ちが明るくなった」という声がよく聞かれます。

いつでもどこでも学べるオンライン動画
お申し込み
イイネ

0からわかるクリニック経営講座でしか学べない内容

多くのセミナーでは実際にクリニック経営を行っていない講師が登壇し、一般的な経営のノウハウを説いています。そのようなセミナーでは、理論は分かっても今の課題を解決することに直結しないのです。M.A.Fのオンライン学習動画では、様々なセミナーに参加後、試行錯誤してクリニック経営に活かした経験のある梅岡が、月額2万円の費用で、実際にクリニックで行った実績あるものしかお伝えしません。
クリニック経営も基礎が重要なことに変わりありません。基礎を整えることができなければ、いくら行動しても効果は得られないのです。まずは、「0からわかるクリニック経営」で、効果を発揮した実績に基づいた基礎を学んで、実践していただきたいのです。

メガホン

全額返金保証付き

今回のオンライン学習動画には全額返金保証がつきます。
M.A.Fで行っているクリニック経営セミナーは大変好評をいただき、会員数も増えています。
ですから、今回提供する「0からわかるクリニック経営」の内容には大いに自信を持ってお勧めできるのですが、それでも、内容に不安を感じる先生がいらっしゃるかもしれません。
そこで今回の「0からわかるクリニック経営」には、全額返金保証をおつけします。
もし、オンライン学習動画で1年間学び実践したうえで、ご満足いただけなかった場合には、その旨を事務局にメールでご連絡ください。セミナー代を全額返金いたします。
ただし、動画を視聴しただけで「勉強になった」というだけでは変化を起こすことはできません。必ず実行に移していただくというのを約束してほしいのです。動画の内容を実行していただければ必ず成果が出ると確信しています。また、疑問等ありましたら、事務局にメールで問い合わせすることも可能です。
一人でも多くの先生方に、この「0からわかるクリニック経営」により現状厳しいクリニック運営を順調に発展させるきっかけをつかんでいただきたいと思っています。そこで、この返金保証をつけることで安心して動画を視聴していただけるのであれば、喜んで返金保証をお付けしたいと思っています。

想い

M.A.Fのミッションは
卓越したクリニック運営が日本中に広まること

「経営」の語源は仏教用語だそうです。
「経」は「筋道(道理)を通すこと」であり、「営」は、それを「行動に現す」ことです。
仏教では「布」に例えて、「経」は織物の縦糸で、縦に筋がしっかり通っている様子、つまり正しい筋道、正しい道理を示していて、「営」は横糸で、自由奔放に動くものとしています。そして、縦糸は、時が経っても「変わらないもの」「変えてはいけないもの」で、創業の精神や理念、または伝統や価値観などを指し、横糸は、時代に合わせて「変えていくもの」「変えなければいけないもの」で、課題を変えながらチャレンジしていくとした、組織運営の基本を言い表したものです。 そして、経営は関わる人すべてが幸せになることを目指していると教えています。
M.A.Fでは、クリニック経営をとおして院長が成功するだけでなく、クリニックで働くスタッフや来院される患者さん、取引のある業者さん、地域の方々、皆が幸せになる近江商人の「三方良し(売り手良し・買い手良し・世間良し)」の経営を目指しています。決して院長の成功だけを望んでいるわけではありません。
今回のオンライン学習動画をきっかけにクリニックの経営がより良いものになり、あなたのクリニックに関わる人たちすべてが幸せになることを心から願っています。 そのために、まず、先生の直面する課題を解決し、先生の理想とするクリニックを展開するためのツールの一つとして、0からわかるクリニック経営講座を活用してください。

一緒にさらなる高みを目指しましょう

一緒にさらなる高みを目指しましょう

「0からわかるクリニック経営」の内容は、M.A.Fで行っているクリニック経営セミナーの内容を分かりやすくお伝えする基礎の基礎です。
動画をご覧になって、もっと深く学びクリニックのさらなる成長や全国の開業医の皆さんとの交流を図りたいと思われた先生は、ぜひ開業医コミュニティ・M.A.Fへのご参加をお考えください。
都市部、農村部、全国各地、様々な条件の開業医が集まっています。そこには皆さんの抱える課題を共有できる医師が必ずいます。そして、多くの情報ともっとレベルの高い手法が準備できています。

M.A.Fについては事務局・村上までお問い合わせください。

いつでもどこでも学べるオンライン動画
お申し込み