61.目標を達成するには「SMARTEの法則」

 

ブルーオーシャンに浸かっているだけのクリニック経営に満足せず、このM.A.Fに興味を持ってホームページを見てくださる皆さんの中には「SMARTの法則」という目標達成のための法則をご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。自分の人生を成功させるためには、長期的には人生における目標、中期的には5年後の目標、そして短期的には1年ごとの目標というように人生全体を見通した目標を設定することが必須と考えます。私も自分の人生を自分らしく生き抜くために中長期的にも短期的にも目標を設定していますが、目標設定の際にはSMARTの法則をより発展させた「SMARTEの法則」に従っています。

 

 まず前提として大事なことは、その目標が心の底から自分が望んでいるものなのかどうかをじっくり考えることだと思います。なぜなら、もしその目標が建前だとしたら、困難を乗り越えるパワーが湧いてこないからです。心の底から望んでいる目標ならば、それを達成するためには多少の困難があっても乗り越えられると思うのです。

よく考えたうえで目標が決まったら、次に大事なのはその目標をより具体的に表すことです。ここで、「SMARTの法則」をご存知ない方のために少し説明しますと、「S」はSpecific(具体的な、分かりやすい)、「M」はMeasurable(測ることができる、数字になっている)、「A」はAgreed upon(同意して、達成可能な)、「R」はRealistic(⦅良い意味で⦆現実的な、実行可能な)、「T」はTimely(時期がちょうどいい、今やれる)の頭文字をとったもので、お分かりのようにより具体的な目標を設定すると目標の達成が楽になりますよ‥‥というものです。つまり、目標が決まったらその目標をスマートの法則に従ってより具体的に表現し、自分の中に落とし込むことが重要です。例えば、クリニックの運営を順調にしていつかは分院を持つ……ではなく、開業3年で分院を一つ開院する……というように具体的に表すのです。すると、そのためには、いつまでに何をしなければならないか……といった、「いつかは」では見えてこなかった、今しなければならない行動が見えてきます。こうすることで、目標達成がずっと容易くなるというわけです。

 

 ですが、私は目標達成のためには、それプラスEmotional(情熱的な)の「E」を足した「SMARTEの法則」を実践することが必要だと思うのです。なぜなら、自分のことを考えると目標達成には何が何でも達成するんだという情熱が不可欠だと感じているからです。先日私が走り終えた標高3000メートルを超える高地で行われるアタカマ砂漠250キロマラソンだって、何が何でも達成するんだという情熱があったから完走できました。情熱があったからやり遂げられたのです。ですから、皆さんにも「SMARTEの法則」をお勧めします。

 

 また、私は年のはじめ、目標をリストアップすると同時に、自分の中にイメージとして落とし込むために「宝地図」を作成しました。「宝地図」には、家族との旅行の写真や出版記念講演会、昨年のゴビ砂漠マラソン完走後の日の丸とともに映った写真も貼ってあります。そして、その宝地図は、日々自分の目に触れる場所に貼ってあります。

このように具体的に設定した目標は、自分の目に触れるところに貼っておくばかりでなく、公表することでより達成が可能になると思っています。不言実行ではなく、有言実行です。公表する相手は家族やクリニックのスタッフ、あるいはSNSを通して友人に伝えるのでもいいのではないでしょうか。目標を周囲の人に公表して、自分にある種のプレッシャーをかけることは、その目標達成のために実行するうえでとても有効だと感じています。このプレッシャーは心的ストレスというマイナスなイメージのプレッシャーではありません。人は得てして楽なほうに流れるのが常です。楽なほうに流れそうになったときに周囲に公表してあるというプラスのプレッシャーがかかって、軌道を修正してくれるのはないかと思っています。

 こうやって修正を重ねながら、宝地図を眺めて日々努力をしていくと、目標が自分の中の潜在意識となっていくのが感じられます。潜在意識となれば後はしめたもの、脳の中に目的達成のためにナビゲーションシステムがあるかのように、自分のとるべき行動が見えてきます。

 本当に些細なことを例に挙げれば、久しく会っていない友人と「いつか時間があったら会おうね」ではいつになっても会えないけれど、「○月○日に会おうね」と具体的に決め、スケジュール表に記入し、家族に話せば、友人と会うことがたやすくなるのと同じです。

 

 そして、この目標設定から目標達成のための行動が習慣化してくると、自然に自分の時間の使い方がうまくなります。時間の使い方がうまくなると自分のための時間が生まれてくるのです。

「SMARTEの法則」で目標を設定し、公表し、時にそうしながら自分の人生を楽しむ方々と語り合い、互いの目標達成を喜び合えることは、私のこのうえない幸せです。