プロフィール

主催者:梅岡 比俊(うめおか ひとし)

M.A.Fはクリニックという組織の中で、院長一人が行わなければならないことが多すぎるという医療業界特有のひずみを解決しようと考え、2016年に発足いたしました。

私がM.A.F(開業医のコミュニティ)を考えるに至った想いの原点は、小学校高学年に遡ります。
当時、私は小学校の野球部に所属していたのですけれども年々近視が進んでボールが見えにくくなってきた頃でした。野球でボールが見えにくくなり、眼鏡をかけるかどうかというところにまで視力が落ちていました。当時、視力矯正を受けるために眼科に通院しておりました。その眼科の先生が初老の先生で、私が毎回診察を受けているのですが、少し怖い雰囲気でなかなか話かけにくく、かつ先生からも特別「指導」といったものはなかったように記憶しております。ただ、ずっと通院しているうちに私自身視力がなかなか回復しないという状況に不安を覚えるようになりました。

そんなある日、意を決し先生に尋ねてみたのです。「先生、今後僕の目は見えるようになるのでしょうか?」その眼科の先生はおっしゃいました。「それはどうなるかは分からないし、100%のことは何も言えない。」というようなことを言ったと記憶しております。今となっては私自身医者としてわかるのですが、何事も100%とは言えないというのも理解できますが、ある程度の推測や予後というものを私はすごく知りたかったので、そこで食い下がって聞いてみました。「どれぐらい通ったら、これからどうなるのかもう少し詳しく教えてもらえませんか」というような内容で聞きました。そこで先生は「そんなもん俺にも分かるわけないだろ」そういった雰囲気でご立腹されたという事を、小学校高学年のことですが今でも鮮明に覚えています。そのとき私自身もそういった言葉をドクターから言われるとは思わず、ショックを受けたのですが、周りのサポートしていただいている看護師さんから一言、労りの声をかけてもらいました。それは「今日ね、先生がああいった形でおっしゃったけど普段は本当に温厚でいい先生なんですよ。だからあまり気にしなくていいですよ」っというようなことを言っていただいたんですね。そのとき非常に心が和みました。ほっとしたと同時に救われた気もしたし、看護師さんの言葉にとても思いやりの心を感じました。もちろん先生も相手を傷つけようとしたわけでもなく、混雑しているクリニックで待ち時間をそこで取ることも先生の意に叶う事ではなかったことでしょう。しかし、そのような経過の上、ドクターのみではなく周りのサポートするみなさんが思いやりを持つ、その思いやりは日本人らしさだと思ってます。そんな日本人らしさを発揮することによって医療のサービス・質はもっと良くなると思います。

現在は、医療業界は歯科業界からも一歩遅れていると思います。
また、ほかの業界からも遅れていると思います。そんな状況を立ち直らせるきっかけにしたいと思い、クリニックを私は立ち上げました。
そして私自身のクリニックもこうして4つとなり、5つとなり順調に大きくなっているのですが、ただ私自身のクリニックの中でそれを広げたとしても、たかだか全国に数万あるクリニックの中のわずかでしかありません。
その中、私と同じ深い想いを持ったクリニックの先生方と連携して、共に学べる組織を作ろうと考えました。共に学んだ成果を出すことにより、院長のみならずスタッフ一人一人をイキイキと輝かせる。その結果、院長自身の仕事の負担が減り、患者さんからのさらなる信頼を得られるクリニックとなれば必然的に売り上げも上がると思います。クリニックに関わる全ての方がWin-Winになるような形のクリニックの在り方というのを探索し続けたいとそういう思いでこのM.A.Fという開業医のコミュニティを立ち上げた次第です。このような想いを共有する先生方が一人でも多く繋がり、これから人口が減ってドクターが増えるという厳しい時代に立ち向かっていけるような基盤の強い組織づくりというものを共に勉強させていただければ幸いです。

【卓越したクリニック運営が日本に普及浸透し、関わる人々を幸せにする】
これは、M.A.Fのミッションです。
M.A.Fが目指すものは、「医師が経営者としても力量を磨くとともに、日本をリードできるようなコミュニティを形成していく」ことです。

医師は開業すると、医師でありながら経営者という立場にもなります。しかし、民間の会社に言い換えれば社長という立場でありながら、現場の業務ばかりを毎日繰り返している経営者はそれほど多くありません。社長は船長です。船長が行先を示さずに手元ばかりみて、オールを漕いでいればどこに向かうのでしょうか?こんな船には怖くて乗れないですよね。しかし、クリニックでは経営者としての時間を確保出来ずに日々の診療ばかりで一日を終わっている先生方が多いのではないでしょうか。医師が経営者として学ばなければ、クリニックの成長はありません。また、そこで働くスタッフの成長も止まってしまいます。先生はなぜクリニックを開業されたのでしょうか。地域の患者さんに喜んで貰いたいと考えていたのではないでしょうか。M.A.Fでは患者さんにとって最高の医療を提供するために開業医ができる事、また先生自身が充実したクリニック運営を行えることでスタッフがやりがいを感じてイキイキと働くようになり、先生も趣味や家族との時間を十分に確保することで「三方よし」の世界が出来、日本の未来が明るくなると信じています。

経歴

2001年 野口病院耳鼻咽喉科医員(別府)
2002年 星ヶ丘厚生年金病院耳鼻咽喉科医員(大阪)
2004年 耳鼻咽喉科麻生病院医員(札幌) 耳鼻咽喉科専門医取得
2006年 耳鼻咽喉科麻生病院医長
2007年 市立奈良病院耳鼻咽喉科科長
2008年 梅岡耳鼻咽喉科クリニック開設
2011年 阪神西宮駅前梅岡耳鼻咽喉科開設
2013年 JR芦屋駅前梅華会耳鼻咽喉科開設
2014年 武庫之荘駅前梅華会耳鼻咽喉科開設
2016年 神戸本山うめはなこどもクリニック開設

特別顧問:道幸 武久(どうこう たけひさ)

ビジネスプロデューサー・作家
1972年北海道生まれ。ビジネスプロデューサー、組織改革コンサルタント・作家・パーソナルモチベーター、合資会社諸葛孔明 無限責任社員。
大学卒業後、一部上場企業など複数の会社でトップセールスマンとなり、29才で独立したのち1年半で年収が9倍となり、処女作「加速成功」(サンマーク出版)がベストセラーに。
ビジネスプロデューサーとして企業の成長戦略や新規事業構築に特化した経営コンサルティングを行う。現在も全国の企業、医院、歯科医院の成長戦略やブランディングに特化したコンサルティング業務を行っている。日本独自の成功法則セミナー「加速成功実践塾」で伝え続け、セミナーや講演の参加者は延べ2万人を誇る。2010年よりプレッシャーを跳ねのける「リアル不動心セミナー」を開始。伊勢神宮などの神社ツアーも主催する。これらの活動を通し「自分スタイルの成功」を伝えている。
NPO法人アニーこども福祉協会の理事も務める。
著書に最新刊『壁を崩して橋を架ける」(集英社)や『メンタルパワー』(現代書林)、『「できない自分」から抜け出す32の方法』(中経出版)、『学校では教えない人生の秘訣』『会社の寿命10年時代の生き方』(いずれもサンパーク出版)、『夢の叶え方』(PHP研究所)、『人を動かす 火事場の鉄則』(講談社)、『成功王』(ベストセラーズ)などがある。

関連サイト

メッセージ

クリニックを経営している先生、また、これからクリニックを開こうとしている先生は、梅岡先生が主催しているM.A.Fで一緒に学んでいくことにより、必ずクリニックの経営がうまく行くことでしょう。
お医者さんというのは、医道と仁術。 いわば、お医者さんとしてのスキルは皆さん完璧にマスターされて開業しますが、スタッフの管理、採用、ホームページ、または新しい展開やキャッシュフロー、そういったことに関しても、実は勤務医時代からトレーニングを受ける必要がありました。
これまでのクリニック経営は、イメージでやってしまってもうまく行きましたが、これからの時代はそうではありません。
しかし、梅岡先生と学ぶことにより確実な成功があると思いますので、まずは梅岡先生の著書を読み、M.A.Fに入会してもらうことを強くお勧めします。

顧問:広瀬 智也(ひろせ ともや)

1972年北海道札幌市生まれ。1995年に東京大学法学部卒業後、日商岩井(現、双日)の法務部、上海法人にて勤務。
2000年、株式会社エリアクエストにて、事業用不動産の賃貸仲介業務を行い、同社の取締役として東証マザーズに上場。2003年に株式会社バンブーインターナショナルを創業し、法人・個人にて不動産投資を始め、年間収入を1億超稼ぎだす不動産賃貸業、不動産経営に関するコンサルティングやセミナー、不動産の仲介事業を行う。
2014年、一般社団法人相続オールインワンの理事に就任。
著書・翻訳書に、『不動産経営のきほん大全』、『家賃収入が月収を超える!』(SBクリエイティブ)、『キャッシュフローを生む不動産投資』(かんき出版)、『世界の不動産投資王が明かす お金持ちになれる「超」不動産投資のすすめ』(東洋経済新報社)などがある。

関連サイト

顧問:吉岩 勇紀(よしいわ ゆうき)

1978年生まれ。大分県出身。 高校を中退し16歳で理容美容業界に入り、自己目標とした自身の店を10年後にオープンする。これが人生で初めての成功体験となる。
しかし、店舗経営だけでは自分の望むライフスタイルを送る上で困難と思い、ネットワークビジネスや投資関連の仕事を始めるが良い時期は長くは続かず逆に大きな負債をかかえてしまう。
経済苦により父親が亡くなった事や自身が招いた負債という出来事が、『何のために働き、何の為に稼ぐのか』『お金の使い方』『社会との共存』などを再認識する上で重要な経験となり現在は、複数のビジネスを成功させ、企業向け社会保険削減セミナーやビジネスモデルの構築アドバイスなどを行っている。
また投資や金融知識は避けては通れない分野だという思いから、ライフプランニングアドヴァイザーとして「合同会社 PPS」を立ち上げるなど、法人格を4社経営している。

関連サイト